専門職によるタスクフォース

認知症対策室

医誠会グループの認知症への取り組み

認知症対策室高齢化に伴って、認知機能障害を持つ高齢者も増加しています。
認知症の患者さんは自身の病気や治療について理解することが難しく、身体の病気に対する適切な治療ができずに重症化するおそれがあります。
また、認知症が進行したり、身体活動性が低下して寝たきりになりやすく、身体の病気が治っても元の生活に戻れなくなる場合もあります。
認知症対策室は、認知症を持つ患者さんが、適切な治療を受けることができ、混乱を起こすことなくできる限り快適な入院/入所生活を送り、住み慣れた地域での生活に戻っていただくことを目的として活動しています。

認知症対策室の活動

<医誠会グループ内での、外来・入院患者/利用者の認知症支援>

  • 認知症の患者・利用者に対して、よりよい医療や療養生活が送れるようサポート
  • 各病院・施設への認知症ケアの提案・相談
  • 回診とカンファレンスの実施
  • グループ全体のレベルアップを目指したスタッフ向け研修会開催

認知症対策室メンバー

認知症看護認定看護師 松田光央

認知症の患者さんが、安心して穏やかな生活が送れるよう、スタッフと共に質の高い看護・介護を提供していきます。

業務クラーク 長野由貴子

グループ内各施設の認知機能低下のある患者情報を迅速に情報共有できるようサポートを行います。

ページの先頭へ